障がい者雇用の日々

元B型利用者のブログ

医療機関のカウンセリングとは?

精神科に通院している人はお金に余裕がないことが多いので、カウンセリングを受けるなら町のカウンセリングではなく、医療機関のカウンセリングを受けるのがおすすめ。

医療機関でカウンセリングを受けるメリットは、保険が適用されるので料金が安いこと。

巷のカウンセリングは、保険適用なしで50分8,000円~1万円くらいが相場なんだけど、医療機関のカウンセリングは保険が適用されるので3割負担になる。

さらに、臨床心理士の資格を持った専門家がカウンセリングを行ってくれるので、安心感がある。

 

わたしの通う精神科でも、臨床心理士のカウンセリングが受けられる。

大学病院ではなく町の診療所なので、専門のカウンセラーが常駐しているわけではない。週に2日程度、カウンセラーが病院に来て、患者のカウンセリングを行っている。

現在、病院のカウンセリング(1回50分)を受けているんだけど、保険が適用されるので、カウンセリング後の医師の診療込みで約1,500~1,600円(3割負担・薬代別)。

自立支援医療制度を利用している人は1割負担になるので、500~600円でカウンセリング&診療を受けられる計算になる。

自立支援医療制度については、近々申請しようと思っているので、取得できたら方法をブログに書くつもり。

 

どうやったら医療機関のカウンセリングを受けられるのかというと、基本的には医師の判断が必要になる。

わたしも医師からすすめられて受けることにした。

受けたくないなら(どうしても時間が取れないとか、過去のトラウマ体験を思い出すと具合が悪くなるなど)、事情を説明して断ることもできる。

実はわたしも最初は断ったんだけど、何度もすすめていただいたので受けたほうがいいのかと思い、受けることにした。

カウンセリング枠には限りがあるので、誰でも受けられるわけではなく、基本的には医師が必要な人に声をかけているみたい。

自分で必要だと思う場合は(トラウマ体験を克服したいなど)、初診のときに主治医に事情を説明して、カウンセリングを受けたいことを伝えてみるといいと思う。

それで、主治医もカウンセリングが必要だと判断すれば、カウンセリングが受けられる。

医師も話を聞いてくれるけど、カウンセリングほど1人の患者に時間をさけないので、そういう点では時間を気にせずに話せるカウンセリングのほうがいい。

医師とカウンセラーは連携しているため、治療の上でもカウンセラーがいることでプラスになりそうではある。

 

注意点としては、大学病院ならカウンセラーが常駐していると思うけど、町の精神科はカウンセラーがそもそもいないケースもある。

なので、町の診療所でカウンセリングを受けたい場合は、あらかじめその診療所がカウンセリングを提供しているか調べたほうがいい。