障がい者雇用の日々

元B型利用者のブログ

エビリファイの効果・副作用と感想

※効果と副作用には個人差があります。

エビリファイ躁状態うつ状態を改善し、気分を安定させる薬)を飲み始めて1か月半が経過したので、薬のレビューを書こうと思う。

まずは効果は、気分が若干上がる。

最初は飲み始めということで、通常より少なめの1mg/日を飲んでたんだけど、副作用が辛くて、それよりさらに少ない0.5mg/日にしてもらった。

薬の量を減らして思うのは、1mg/日のほうが気分が上がっている感があった。

ただ、0.5mg/日でも気分が上がる効果はある。

 

副作用は、わたしの場合は眠くなることとソワソワすること。

1mgを飲んでいたときは、1日中眠気がすごかったし、しかも悪夢も頻繁に見ていた。

悪夢を見る理由としては、おそらく薬の副作用で焦燥感を感じ、その焦燥感が夢に反映されるのだと思う。

ただ0.5mgにしてからは眠気もおさまり、悪夢も見なくなった。

ただ、0.5mgでもソワソワ感は多少ある。パソコン作業ができないというほどではないけど、以前と比べて集中しにくくなった。

 

■感想

エビリファイは気分が上がる効果はあるけど副作用もあるので、飲まずに気分障害に耐えるか、飲んで副作用に耐えるかの選択だと思う。

わたしの場合は、飲まずに耐えるほうがしんどいので、多少の副作用があっても飲みたいかな。

集中しにくくなったこと以外にエビリファイに不満はないんだけど、金曜日に病院に行ったところ、薬をエビリファイからバレリン躁状態を改善する薬)に変更することになった。

もしやと思っていたけど、やっぱり躁状態になっているみたい。