B型作業所日記

就労継続支援B型事業所の利用者のブログ

B型作業所でコロナ発生

題名通り、B型作業所でコロナが発生。

なんでも2人の利用者が、日曜日に一緒に繁華街に遊びに出かけて、コロナに感染したそうな。

ふざけるな(笑)

 

わざわざ、この時期に人の多いところに遊びに行く?

どんだけ常識ないの?

しかも、今は日本全体で、不要不急の外出は避けましょうってなってるよね?

仕事や通所など、必要な外出で感染したならしかたないけど、休日にあえて人の多いところに出かけてるからね。

 

自分たちは良くても、作業所には80代のお年寄りもいるので、移しでもしたら命の危険もある。

わたしは感染しても、身体的には心配ないだろうけど、それでも家で隔離生活を送らないといけないと思う。

現在、気分障害の波が安定していなくて、週に1回ペースで病院に通ってるので、もしコロナ感染してたら病院を2回分ほどキャンセルしないといけない。

病院に行けない間に、気分障害が悪化して自殺したとしても、その2人組は責任取れないよね。

まじで、責任取れないことはするなって思うわ。

 

サビ菅(=サービス管理責任者)に話を聞いてみたけど、

「(2人が)出かけてしまったことはしかたない」「起きたことに対処するしかない」

とか言うのみ。

それはそうなんだけど、非常識な2人組をかばうための言い逃れにしか聞こえなかったわ。

なんか、相手が障碍者(=事業所からしたらお客様)だからといって、本人たちに注意すべきことも注意してないみたいなんだよね。

どんだけ人に迷惑かけてるか本人が自覚してなかったら、また迷惑かけると思うんだけど。

この2人組、回復したらまた繁華街に遊びに出かけて、作業所にコロナばら巻きそうな予感しかない。

なのでサビ菅に、2人組に注意してほしい旨リクエストすると、

「本人たちもこういうことになって、わかっていると思う」

とのこと。

わかってるわけないやんけ(笑)

 

そもそも、2人組に常識がないからこういうことになったんでしょうに。

なんかね、ほんとあほなのかと思った(サビ菅が)!

注意する気すらないとか、他の利用者の迷惑を何ひとつ考えてないね。

このサビ菅はまだ若いので、たぶん事の重大性がわかっていないんだと思う。

とりあえず、今日からわたしの中でサビ菅のあだなは「小僧」に決定した。

 

作業所の全員が検査キットで唾液検査をして、今その結果待ち。

明日か明後日には結果が出るみたい。

ほんと迷惑以外の何物でもない。