B型作業所日記

就労継続支援B型事業所の利用者のブログ

服薬を続ける理由

ときどき、もう薬なしでもやっていけるんじゃないかと思うくらい状態が安定しているんだけど、服薬を続けている。

理由は、躁状態うつ状態を繰り返すと、脳の認知機能が低下すると医者に言われたから。

脳の認知機能が低下すると、計算ができなくなったり料理が苦手になったり、物覚えが悪くなったりと、軽度の認知症のような症状が出る。当然、仕事もパフォーマンスが落ちる。

そうなるのは絶対に嫌なので、今後も服薬を続けるつもり。

最初、精神科へ行く前は西洋薬を飲むのに抵抗があった。一生薬を飲み続けなければいけないのも嫌だったし、薬を飲まないほうが寛解につながるというデータもあったから。

それで、最初に行った精神科には西洋薬ではなく漢方薬を処方してもらったんだけど、これが全然効かなかった。

医者も全然話を聞いてくれないタイプの医者だったので、内科の医者に今の主治医を紹介してもらった。

それでも西洋薬を飲むのには最初は抵抗があったけど、当時はうつの一番つらい時期で、その状態が改善されるならどんな薬でも飲みたいという気持ちになっていたので、医者に勧められた西洋薬の服薬を始めることにした。

それが去年の1月で、薬が効いたのかそれ以来1度もうつ状態にはなっていない。

ちなみに、当時からわたしが飲んでいるのは、エビリファイという薬で、気分の波を抑える効果がある。

自分ではもう寛解したと思っているんだけど、どうなんだろう。

前回の受診時にも、主治医に障がい者枠で就職活動をしていることを伝えると、「〇〇さんは障がい者枠というより、一般枠で働けるイメージですけどね」と言われたし。

そんな感じなので、次回は手帳の更新はできないかもしれない。

知的障がい者について

ときどき、明美ちゃんから何事もなかったかのように電話がかかってくるんだけど、無視している。

無視していたら「元気?」というショートメッセージが来る。

以前、もう関わりたくないとはっきりメールしたのに、何なんだろう?知的障害があるから通じてないのかな?それとも、友達がいないから1人だけでもキープしておきたいんだろうか。

私が明美ちゃんと縁を切ろうと思ったきっかけは、私が身体を売っていたという根も葉もない噂を流されたため。それについての向こうからの謝罪は一切なし。

こちらのほうではもう仲良くなる気もないし、連絡を取り合うつもりもない。

 

知的障害の人をひとまとめにしてあれこれ言いたくはないんだけど、やっぱり知的の人は無理だわ。

身内にも軽度知的がいるんだけど、言動がおかしいだけではなく、周囲の人にも迷惑をかけたり嫌な思いをさせたりしている。ちなみに言動はADHDの人に似ている。

軽度知的といっても、身内のような人間だけではなく、いろんな人がいると思っていた。

でも、明美ちゃんの件で、やはり軽度知的とは関わらないほうがいいという結論に達した。人に嫌な思いをさせても気付いていないし、そもそも自分が嘘をついたことに対する罪悪感というものもない。

あと、Aの話題について話しているのに、BやCにどんどん話題が飛んでいくのも知的の特徴。今何について話しているのか理解していないみたい。

これは気にならない人は気にならないんだろうけど、私は神経質なので無理だった。何について話しているのか理解していないのなら、会話する意味がないと思う。

あと会話の内容が小学生みたい。

知的障がい者の中にも、嘘をついたり他人に迷惑をかけたりしない人も探せばいるんだろうけど、私は実体験からもう関わるつもりはないかな。

知的障がい者の人たちって一見フレンドリーなので、仲良くなりやすいんだけど、今後はB型作業所でも知的障がい者には注意して接しようと思う。

障がい者雇用枠での就職が決まった

先月、A型就労支援の面接を受けたんだけど不合格だった。理由は謎。

というか、A型の面接で落とされることってあるのね。

わたしの住んでいる地域では、他に定員割れしているA型がなかったので、障がい者雇用枠で一般就労の事務の仕事を探そうと思って履歴書を何社かに送ったところ、2社から面接の案内があった。

そのうちの1社は事情があってこちらからお断りしたので、残り1社(超大手)の面接を受けた。

スーツで行ったほうがいいかなと思ったけど、スーツを持っていないので、シャツにカーディガン、そしてヨガパンツ(笑)といういでたちで面接を受けた。

ヨガパンツもどうかなと思ったけど、他にかっちりして見えるパンツがなかったのでしかたがない。

ただ、ウエストのゴムの部分がいかにもヨガパンツという感じだったので、坐っているときはともかく立っているときは、おじぎをするときのように手を前に持っていって、ウエスト部分が見えないように工夫した。

面接で聞かれたのは、今までの職場での仕事内容や障がいのこと。障がい者雇用枠ということもあり、障がいのことは詳しく聞かれた。

圧迫面接ではなく、始終なごやかな感じで面接は終了した。

自己紹介や自己PRをしてくださいと言われることを想定して家で練習していたのに、聞かれなかったので少し残念。

 

ハローワークの求人票には面接2回と書かれていたので、面接2回の覚悟をしていたんだけど、なぜか面接1回で電話連絡が来て内定した。

しかも、ハローワークの求人票に書かれていたよりも高い給料で雇ってもらえることになった!

正直、ハローワークの求人票にはめっちゃ低い金額(最低時給を月給にした感じの)が書かれていたので、応募するときに悩んだんだよね。求人票の給料を見て応募を見合わせた人もいると思う。

実際、求人票が出てからハローワーク経由で応募したのは、わたしが初めてだったらしい。

まあ、面接のときに「最低限、一人暮らしできるだけの給料はあげられると思います」と人事の人が言っていたので、上乗せは若干期待していた。

こんなこともあるから、ハロワの求人票の条件だけ見て応募しないのはもったいないかもね。

最初は6か月更新の契約社員だけど、正社員登用もあるし、月給も契約更新時に勤務状況などを見て上がることもあるらしい。これはラッキーだったわ。さすが超大手。

人事の人も優しくて、合格の電話が来たとき「がんばってください。期待しています」と言われた。

実際に就労するのは来月からだから、それまではB型に通うつもり。

A型には落とされたけど、むしろ落とされてよかったのかもしれない。

こんなこともあるから、A型に落とされた人は、あきらめずに一般就労の仕事を探してみると良いと思う。

 

最近完全に気分の波が落ち着いて、精神的に安定している。一昨年の年末の精神状態のひどさと比べると、まるで嘘のよう。

私の場合は薬が合っていたことに加え、眠剤を処方されてから睡眠時間をたっぷり取れるようになったのが良かったみたい。

今までに具合が悪かった時期を思い返してみても、睡眠時間が不足して常にストレスを抱えていたことが多かった。睡眠は、私たちが思っているよりも大切なんだなと感じた。

まあ、今は1日10時間も寝ていて少し寝すぎなんだけど、具合が悪くなるよりましかなと思う。

 

加齢臭のひどい男性に悩まされる

1か月ほど前から新しい人が作業に来ているんだけど、その人の加齢臭がひどくてたまに気が狂いそうになる。

推定50代の男性で、週に2回わたしの隣の席で作業をしているんだけど、隣に座ったとたんに加齢臭がただよってくるんだよね。

男性は多かれ少なかれ加齢臭がするものとはいえ、その人はおそらく毎日お風呂に入っていないし、服もあまり洗濯していないと思う。なぜならレベルが別次元だから。

一応コロナ対策のために、透明のボードがわたしとその人の間に置かれているんだけど、加齢臭には全然効き目なし。

わたしはタバコを吸っているけど鼻がいいので、マスクをしていてもその人の加齢臭がきつい。

それだけならまだしも、食事のときは地獄。加齢臭のただ中で食事をするのを想像してみて。何を食べても加齢臭の匂いがするから。

その人自体は別に嫌な人ではないし、たまに話したりもするんだけどね。

これはさすがに主任に言っても、主任もどうにもできないと思う。さすがに、50代の男性に毎日お風呂に入るように注意するわけにもいかないし。

つくづく、人間って自分のことには気づかないものなんだな~と思う。その人も、自分の匂いには全然気づいていないだろうし。気づいていたらさすがになんとかするだろう。

とりあえず、今度病院へ行ったらカウンセラーにこの話を聞いてもらうつもり。

ランチにお寿司&サビ管の話の続き

f:id:ariel_one:20211121193004j:plain

YouTubeも収益化したことだし、ランチに寿司を食べにいった。

初の報酬振り込みは11月25日予定なので、まだ振り込まれていないんだけどね。

これは、自分の好きなネタを10個選べるセット。

普段とくに外出もしないし、お金のかかる趣味といったらタバコくらいなので、ねぎらいの意味でたまには贅沢をしてもいいよね。

すでに銀行に振り込まれた報酬については公開してもいい決まりなんだけど、振込予定の金額は公開NGなので、報酬は今のところ公開しないでおく。

動画の編集にもだいぶ慣れてきたし、後1個チャンネルを作りたいと思っている。1つのチャンネルを収益化できたから、ノウハウみたいなものもわかってきたし。

 

話は変わるけど、挨拶や検温をしないサビ管にイライラして、金曜日に主任に言いつけた。

主任「挨拶はしてねって言ってるんだけど、仕事に集中してて(サビ管が)気づいてないときもあるのかもしれない」

わたし「気づいても何も言わないですよ」

主任「もしかしたら、声が小さいから聞こえないのかもしれない」

わたし「声は発してないです。あの人が挨拶してるの見たことないんですけど。

しかも、検温もしないですし。検温って職員がやることになってるじゃないですか?なのに、その場に職員がサビ管しかいなくても検温しないんです」

主任「挨拶しないのは問題だから、それは言っとくね。あの人もわざと挨拶しないような人じゃないと思うから、言ったらたぶんわかってくれると思う。そういう人だったら、うちも採らないからさ」

サビ管がどういう人かは知らんけど、なんかほとんどしゃべらないし、利用者と関わる気がない。しかも、こちらが挨拶しても無視だから、かなり感じが悪い。

この間辞めたサビ管は、よく利用者さんに声かけしてたけど、今のサビ管は声かけも一切しないし。

一緒の空間にいるわけだから、せめて挨拶くらいしろよと思うけどね。利用者は、コミュ障とか発達障害とかで挨拶ができない人もいると思うけど、職員が利用者の挨拶を無視するってどうなの?

なんか、以前の事業所のサビ管といい、サビ管って一般常識のないドキュンが多いのかな?