B型作業所日記

就労継続支援B型事業所の利用者のブログ

自立支援医療とは?受給者証の取得方法も

先月申請していた自立支援医療の受給者証が届きました。

この記事では、自立支援医療制度の照会と、取得方法をご紹介します。

自立支援医療制度とは?

まず、自立支援医療制度とは、心身の障がいのために病院へ通っている人の金銭負担を軽減する制度です。

通常の保険は医療費が3割負担のところを、自立支援医療の受給者証を取得している人は、医療費が1割負担になります。

なので、取得したほうが圧倒的にお得なんですね。

自立支援医療の対象となるのは、厚生労働省のHPによると以下になります。

(1)精神通院医療(統合失調症気分障害てんかんなど)
(2)更生医療(視覚障害聴覚障害言語障害、肢体不自由、内部障害
(3)育成医療(視覚障害聴覚障害言語障害、肢体不自由、内部障害

受給者証の取得方法

※地域によって多少違いがあるかもしれません。

自立支援医療の受給者証を取得するためには、まず主治医に診断書を書いてもらいます。

障がい者手帳を取得していない人は、1つの診断書で障がい者手帳もあわせて申請しておくと手間が省けます。

そして、その診断書を区役所の窓口に提出し、受給者証を取得したいことを伝えましょう。

そうすると、申請書の控えをもらえます。

受給者証が到着するまで

受給者証が到着するまでに約1か月かかるので、すぐに1割負担が適用されるわけではありません。

受給者証が届くまでは、これまでと同じように3割負担になります。

ただし、申請書の控えを病院と薬局に提示しておくと、申請後から受給者証が届くまでに払った金額の一部を、後で返金してもらえます。

受給者証が到着するまでに病院と薬局でもらった(3割負担の)領収書は、返金の際に必要になるので、大切に保管しておきます。

受給者証が届いたら

受給者証が届いたら、病院と薬局に受給者証と(3割負担の)領収書を提示します。すると、払った金額に応じて返金してもらえます。

今後は、病院と薬局に行くときには、受給者証の提示が必要になります。

病院側と薬局側が、受給者証に書き込む欄が設けられているので、忘れないように持参しましょう。

まとめ

この記事では、自立支援医療制度の簡単な説明と、取得方法をご紹介しました。

受給者証があるのとないのとでは、自己負担額に大きな差が出るので、取得するにこしたことはありません。

1年更新なので、毎年申請をしなければいけないのが少し面倒ですが、かなりおすすめの制度です。

コロナで時短になった作業所

現在、コロナの影響で作業所が短時間になっている。

具体的には、利用者を午前と午後の2グループに分けて、午前グループの人は午前中に来て帰り、午後グループの人は午後に来て帰っている。

ここの作業所に決める前にほかの作業所にも見学に行ったんだけど、そこの作業所でも利用者を午前と午後のグループに分けていると言っていた。

今はどこの作業所も同じスタイルなのかもしれない。

わたしは午前グループなんだけど、作業所の滞在時間は1時間半程度。

ちょっと作業をして、昼食を食べて帰っている状態。こんなにすぐに帰ってもいいのかと思うくらいすぐに帰っている。

まあ、作業所に長時間いても集中力がなくなってしまうので、このくらいがちょうどいいかもしれない。

それに、作業所の滞在時間が長くなると、タバコを吸いたくなってしまうし。

今は作業所では吸っていないけど、滞在時間が長くなると我慢できなくなるかも。

 

というのは、あまり外でタバコを吸うのは好きじゃないんだよね。髪も服もタバコ臭くなるし。なので、作業所でもなるべく吸いたくない。

はっきり言ってタバコの匂いが苦手すぎて。いったん髪や服に匂いがついたら、入浴や洗濯をするまで取れないし。

でも、タバコをやめるつもりはないんだけど。

というか、頭の中にいくつも自分の考えがなだれ込んでくるときがあるので、そういうときはタバコがないと憔悴してしまい、耐えられない。だから禁煙は無理だな。

精神障がい者の多くがタバコを吸っているのは、おそらく症状を抑えるためでもあると思う。

 

ちなみに家でタバコを吸うときは、部屋の中がタバコ臭くならないように窓を開けて、窓から身を乗り出して、ついでに髪の毛にタバコの匂いがつかないように髪を結んで、服にタバコの匂いがつかないように身体にショールを巻き付けて吸っている。

それだけタバコの匂いって強烈だし、匂いが苦手なので、しっかりガードしてから吸わないとね。

そして、タバコを吸った後は10分間は窓を開けて換気している。冬は激寒。

ま、実はこのマンションではタバコ禁止なんだけどね。

ただ、わたしの部屋は窓を開けたら目の前に隣の建物があって、道路から見えないようになっているので、今のところバレていない!

窓を開けたらすぐに隣の建物って、一般的にはあまりよくない配置だけど、こういうときには役立つから良いよ。

わたしが身を乗り出してタバコを吸っていると、たまに階下の部屋からタバコの匂いがただよってくるので、ほかの住人もこっそりタバコを吸っていることはわかっている。

また薬が増えるらしい

エビリファイを飲み始めて半年が経過した。

最初は初めて向精神薬を飲むということで、低用量の1mgを処方されたんだけど、それでも副作用が強すぎて、1/4錠(0.25mg)からスタートし、 1/2錠(0.5mg) ⇒ 1mg ⇒ 3mgと増えて今に至っている。

3mgでも少ないらしいんだけど、薬を飲み始める前よりは気分の波がましになっているので、効いているとは思う。

ただ、わたしの感覚ではエビリファイうつ状態には効いているけど、躁状態にはあまり効かない気がする。低用量だからだろうか?

飲み始めの頃は1mgでも眠くてたまらなかったけど、最近やっと現在の服用量にも慣れてきた。

ちなみに、もう少し眠くならない薬はないのか主治医に聞いてみたところ、気分の波を安定させる薬の中ではエビリファイが一番眠くなりにくいらしい。

なので、今のところエビリファイを継続予定。

 

この間、病院へ行ったところ、今後またエビリファイの量が増えるらしい。

主治医の話では、その人に合う薬の量は増やして様子を見ていかないとわからないので、今後は毎回1mgずつ増やして様子を見るそうな。

薬に抵抗がない人は毎回3mgずつ増やして様子を見るらしいんだけど、わたしは薬が苦手なので1mgずつでいいとのこと(笑)

薬が増えることはうれしくないけど、薬を飲み始めて具合がよくなっていることはたしかなので、しかたないかなと諦めている。

 

明美ちゃんは引き続き入院中。

明美ちゃんが入院している病院は、厳しくて有名な病院で、入院中は携帯もパソコンも使えないので連絡すら取れない。

入院する前に病院の電話番号を教えてもらったんだけど、入院の翌日に電話してみると看護師が出て、1週間はコロナの影響で電話を取り次げないとのこと。

しかたなく1週間後に電話をしてみると、今度は看護師に、家族以外は電話を取り次げないと言われた。

なので、どういう状況なのかまるでわからないし、退院がいつになるのかもわからない。

まあ、退院したら連絡くれるだろうけど。

前回の入院は3か月程度だったらしいので、今回もそれくらいになるのかもしれない。

作曲をしていて困ること

自分で作曲したピアノ曲をブログにはろうと思ったんだけど、これってMP3のリンクをはるだけではできないのね。

まずはGoogleのドロップボックスにMP3ファイルを入れて、そこからリンクを取得し、そのリンクをはてなブログのHTMLで編集しないといけないというめっちゃ面倒くさい作業を行う必要がある。

とりあえず、なんとかブログにはることができた↓

 あまり需要がないと思うので、短めのやつをはったわ。

めっちゃガタガタ雑音が入ってるけど(笑)電子ピアノだからペダルがめっちゃギコギコいうの。

 

作曲をしていて、困るというほどのことでもないけど多少困ることは、曲を作るときは自分のオリジナルの曲を作っているとわかってるんだけど、何度かひいているうちに、もともとある曲のような気がしてくるんだよね。

この感覚わかってくれる人がいたらうれしいわ。

それでも作曲してちゃんと楽譜に残している曲なら、オリジナル曲だと自分でもわかってるんだけど、即興で適当にひいているときなんかは楽譜に残さないので、何度か似たようなフレーズをひいていると「こういう曲あったような」という気がしてくる。

 

それからもう1つ多少困ることは、自分が作った曲がひけないときがあること(笑)

ひきながら曲を作ってたらひけるんだけど、ピアノに触らずにパソコンで作曲して楽譜を作ったら、難しすぎてひけないときがあるんだよね。

自分で作った曲なのにひけないって(笑)

最初から簡単に作ったらいいと思うかもしれないけど、アレンジを加えるつもりで音符を増やしていたら、結果的に難しくなってしまうという。

これも作曲あるあるだと思うわ。

 

以前の作業所の利用者と再会

現在通っている作業所で、以前の作業所の利用者と再会した。

推定50~60代の女性で、以前の作業所で何度か見かけたことのある人だったので、こちらから声をかけてみた。

すると、やはり同じ作業所にいたということが判明した。

少し話したんだけど、彼女も以前の作業所Gに不信感を覚えてやめたらしい。

なんでも、彼女はサビ管に「変な薬とかやってませんよね?」と聞かれたことがあるとのこと。

あのサビ管なら常識がないので、そういうことを言っても不思議ではない。

 

たしかに彼女は、認知機能に障がいが残っているような感じはするんだけど、それって覚せい剤などの薬のせいではなくて、重い鬱や統合失調症の再発をくり返すと出る症状なんだよね。

以前サビ管本人が、自分は16年間この業界にいるとか言っていたけど、16年間やっててそんなことも知らないとは驚き。16年間いったい何をしてたんだろう。

しかも、たとえ薬をやっていると思ったとしても、失礼だから利用者には聞かないよね、普通。

それを平然と本人に聞くって、相手が障がい者だから許されるとでも思ってるのかな。

健常者に対してそういうことを聞いたら、絶対に問題になるよね。

でも障がい者相手だと、障がい者が周りの人間に訴えても本当だと思ってもらえないことが多いので(統合失調症など、病気の種類によっては被害妄想が強い人もいるので)、何でも言えるんだろうね。

 

私:あの人、絶対何か障がいありますよね。

女性:うん、あると思う。そんなに重い障がいではないと思うけど、軽い障がいはあるんじゃないかな。

私:発達障がいとかですかね。

女性:うんうん。

という感じで、サビ管の障がいについて盛り上がった。

以前の記事でも書いたと思うんだけど、以前の作業所のサビ管って、ほんとに何か障がいがある感じなんだよね。

アスペルガーとかADHDとか、そういう系の障がいがあるのでは?

とにかく異様なほど人の気持ちを考えられないし、一度に1つのことしか考えられない。

仕事上のアポや約束も忘れてすっぽかすので、一般企業では絶対に務まらないというか、すぐにクビになると思う。

彼が勤めているB型就労支援は、組織上、上に別の会社がある。

そして、社長はB型就労支援ではなく別の会社にいるので、サビ管の仕事ぶりも含めて実態がよく見えていないんだと思う。社長はB型作業所に来たことがないし。

だから、サビ管がいまだにクビになっていないのだろう。

 

それだけ仕事ができない人間なのに、他人と意見が食い違って話し合うとき、サビ管は必ず自分が正しくて相手が間違っているというスタンスで話す。

そして、自分の意見を主張するだけ主張して人の話を聞かないので、話し合いにならない。

そもそも、仕事を母親にしてもらっている奴に、仕事について語る権利はないと思うんだけど。

ariel-one.hatenablog.com

いろんな意味でおかしいし、こういうおかしい人間って一般企業ではなかなか見つからないよね。

こんなにおかしい人間が働けるのは、公立の小学校と福祉職くらいだわ。

 

話は変わるけど、最近、(現在通っている)B型作業所のランチが改善した。

作業所のランチに関しては、2回も主任に訴えた経緯がある(以下の記事参照)。

基本的にメインは肉か魚になったし、品数も増えた。

なので、今はとくに不満はないし、弁当も作っていっていない。

ariel-one.hatenablog.com

ariel-one.hatenablog.com

弁当を作る必要がなくなったことは、本当によかった。

毎朝作るとかダルいし、食費もそれだけかかるもんね。